携帯会社激闘の時代

総務省指導の元、各携帯会社は新料金プランを

発表しました。

固定回線や複数回線の割引きや

利用料の口座引き落としを

携帯会社クレジットカードで設定する

独自のポイント還元や割引きなど

いわゆる、抱き合わせでの

携帯基本料金の安くなったプランと

オンラインでウェブ申請のみ

店舗では申し込み対応できないが、

インターネット通信でデータ利用が20GBまでの

プランを発表しました。

大手キャリア会社docomo、au、ソフトバンク

片方の会社が安いプランを出せば

そこに他社は、ほぼ同じ料金内容のプランを出して

対して差がない現状です。

そうなれば、乗り換えをする意味はあるのか?

機種が2年以上利用のバッテリーも劣化し、

操作がやや固まり不便な時がある

いわゆる機種変え時のお客様を対応した時のお話です。

au利用で安いプランが出るまで待つべきなのか?

手数料が双方と発生する乗り換えは本当にお得なのか?

決めては機種代金でした。

プランは後々同じだとしても、新しい機種代は

乗り換えの方が機種代の値引きが受けれます。

機種の分割回数や購入代金が変わってくることに

後々の囲いが弱い乗り換えが

今後の選択肢が増える事がわかり、

またかかる、手数料も還元される事で

当月の乗り換えとなりました。

継続利用年数での割引きがない現状に

新しいプランやサービスまた出てくるであろう

今後の携帯業界に向けて、消費する側として

携帯会社の囲い込みをうまく避ける事が

今は重要なのかと思います。

どこの会社が1番お得なのか?

選ぶプランのチャンネルが多く何を基準に

考えたら混乱するかと思いますが、

まずはシンプルに捉えて機種を変えるにあたって

機種代金を比較してみることも良い参考なるかと

思います。

弊社への問い合わせも様々な相談が

非常に多くなってきました。

偏った角度での対応ではなく

しっかりとお客様目線でご相談を承ります。

料金見直しからでもお気軽にお問い合わせ下さい。

佐藤

コメント

タイトルとURLをコピーしました